60代以上
PR

【幸田千子(66)】前向きに頑張る

caco
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
自己紹介者
自己紹介者

ニックネーム:幸田千子

年齢:66歳

  • 性格:大人しい
  • 趣味:家庭菜園
  • 職業:専業主婦

ひとこと:前向きに頑張る

あなたの夢は何ですか?

家庭菜園の趣味を楽しみたいです。

自分の能力にも挑戦して、身近にあることでもいいので、小さな資格を取りたいと思っています。

あなたの経歴は?
  • 小学生時代:近くの友達と夕方まで遊んでいました。
  • 中学時代:部活のバスケットボール部に夢中になって頑張っていました。
  • 高校時代:電車通学に変わり、女友だちと楽しい会話をして過ごしていました。
  • 短大時代:恋愛や勉強のこと、将来の夢を熱く語っていました。
  • 短大卒業後:就職難でしたので、親の薦めてくれた職場に結婚まで働いていました。
  • その後から現在:27歳で今の主人と結婚をして、二人の女の子を働きながら育て、一昨年65歳で退職をして現在に至っています。
今はどんな生活?

私の退職時と娘の出産とが重なり、娘の子育てを手伝う形で家に入り、パソコン教室に通ったり、家庭菜園をして頑張っています。

とある1日のスケジュール

朝は、5時15分に起床して、主人と2人で朝食をとり、その後、主人はアルバイトに出かけます。

午前中は、家の掃除、洗濯物を干したりしています。

あとは、パソコンを前に、クラウドワークスのタスク等をしております。

夕方は、娘の食事を作る間に孫の子守。

主人と私の食事を作り、夜9時にはベットに入って寝ます。

自分の長所

思いやりがあると思っています。

人に迷惑をかけることは、なるべく避けるように気を使っています。

喧嘩をするのは嫌なので、意見をはっきりと相手に伝え、不満の種を心の中に置かないように努めています。

自分の短所

気が小さいので、何か気になることがあるといつまでも考えてしまう所です。

気になることが解決できるまで、考えるのでとても疲れます。

好きなもの(コト)
  • 好きなこと:家族旅行と、家庭菜園です。外食も好きです。
  • 好きな食べ物:ベーグルです。今はこれにはまっています。特に、ココア味のベーグルは美味しいです。
苦手なもの(コト)

苦手なこと:人との接触です。

普通に人との会話ができますが、どうも人の気持ちが「読めずどう話してよいのか」とても悩んでいます。

尊敬する人

母親です。

私を産んで育ててくれた人です。

母は、体が弱く病気がちで、寝込んでいることが多かったですが、悩み事には必ず答えを出してくれていました。

尊敬できる人です。

人生の中で嬉しかったこと

家族旅行で日本のあちこちへ出かけることができたことです。

楽しい思い出がたくさんあります。

特に楽しかったのは、沖縄旅行でした。

海の青さと、飾り気のない人たちと触れ合うことができたことです。

悩んでいること

人との関わり方に悩んでいます。

話をどのように進めたら楽しくなるのか、「自分の思ったことを口に出すことが大切」だと以前人から言われたことがあります。

ただ、思ったことを口にしても反応が薄いです。

最近の辛い経験

病気をしたことです。

私は薬疹があり、鎮痛減熱剤が飲めません。

なので、病気になった時は、病院へ行かずに自宅で自力で治さなければならないことが辛いです。

辛い時はどうしてる?(メンタル改善)

「病院へ行こうか」と悩みますが、処方する薬がないと言われているので、なんとか自力で病気を治すことに専念している状態です。

本気でイラっとしたこと(グチ)

近所で選挙のお手伝いに行った時、候補者の方から「あなたの実家には別の候補者のポスターがあったがどういうことか」と聞かれました。

イラっとしました。

私の実家が誰を推そうと関係ない話です。

今後の目標(やりたいこと)

パソコン教室でワードの資格が取れたら一つの区切りとして、また別の資格が取れるように頑張りたいです。

今、頑張っていること

パソコンを丈夫に使えるようになることに、努力しています。

例えば、テンキーを早く上手に打てるようにすることです。

後は、Wordを詳しく知ることです。

最後に、自分についてまとめた一言をお願いします。

人との接し方が上手にできない私ですが、くよくよ考えることは良くないので、前向きに生きていけるようにしたいです。

にっしー(管理人)
にっしー(管理人)

幸田千子さん!自己紹介ありがとうございました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
サイト運営の励みになります!
ABOUT ME
にっしー
にっしー
CACO管理人
住宅メーカー設計→建築士勉強中|学生時代にぼっちを経験。高校生の時から憂鬱な毎日を変えたくて様々なSNSやブログを運営してきました。
記事URLをコピーしました