50代
PR

【じろ。(56)】趣くがまま突き進む

caco
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
自己紹介者
自己紹介者

ニックネーム:じろ。

年齢:56歳

  • 性格:真面目
  • 趣味:読書
  • 職業:朗読講師

ひとこと:趣くがまま突き進む

あなたの夢は何ですか?

将来の夢は特にありません。

住むところがあって、三食ご飯が食べられればそれで十分。

あなたの経歴は?
  • 小学校時代:子供らしく毎日楽しく過ごしてきました。勉強も運動も好きだったので、何事も思いっきりやっていました。
  • 中学時代:心臓の異常が見つかり、三年間運動ができない日々でした。それゆえ、勉強を集中して頑張っていました。
  • 高校時代:念願の高校に入学できたので、進学校ではありましたが楽しい三年間を過ごしました。写真部に入り、部活動にのめり込みました。
  • 大学時代:体調の不調があり何度か入院することがあったので、大学生活はあまり充実したものにはなりませんでした。ただ、この頃に学外で演劇を始め、そちらで仲間ができました。
  • 学生卒業後:プログラマーとして働き始めたものの、一般社会がつまらなく思い始め、二年で退社し、演劇関係の仕事を始めました。
  • その後から現在:結婚して地元を離れ、二十年ぐらいは普通にバイトをしながら生活して来ましたが、3年前に個人事業主として起業しました。
今はどんな生活?

起業した舞台企画・制作の仕事で、充実した毎日を送っています。

とある1日のスケジュール

朝8時に起きて、家事全般を済ませる。

10時から15時くらいまで、今後の企画を考えたり、現在抱えている舞台の資料を読んだりする。

16時くらいに稽古場へと向かう。(20時過ぎに終了)

21時頃に帰宅して夕食を食べ、その後に入浴。

23時くらいから、翌日の準備。

24時ころに布団に入り、読書タイム。2時ころに就寝。

自分の長所
  • 調べることが好き。
  • 人に物を教えるのが好き(わかりやすいとよく言われる)。
  • 真面目ではあるが、人を緊張させないようする。
  • 年齢に関係なく人付き合いできる。
自分の短所
  • 間違っていることが嫌いなので、そういう場面では辛辣
  • はっきりとものを言い過ぎる
  • 込み入った人間関係が嫌いなので、そのような時は全てがどうでもよくなってしまう。
好きなもの(コト)
  • 好きな食べ物:ハンバーグ、おにぎり、ポテトチップス
  • 好きな本のジャンル:文豪系
  • 束縛を受けないこと
  • 広い部屋
苦手なもの(コト)
  • 嫌いな食べ物:肉
  • 大きい音
  • 電話(慣れている人は問題ないのですが、そうでない場合は心底嫌い)
  • 喧嘩
  • おべんちゃら
尊敬する人

師匠連

人生の中で嬉しかったこと

特に印象に残っている出来事はありませんが、平穏で毎日やりたいことをやれる環境があること自体が嬉しい。

また、そのような環境を整えてくれている主人に感謝。

悩んでいること
  • 子どものころから悩まされている体調の不調は、今も突発的に起こるので、それが悩み。
  • 最近の悩みは、物価高でいろいろなものが値上がっているので、生活が少し苦しいのが悩み。
最近の辛い経験

これから仕事を一緒にしようとしていた人と、だんだん意見が合わなくなってしまい、悩んだ末に結局その仕事を降りた事こと。

辛い時はどうしてる?(メンタル改善)
  • お風呂に入ってまったりと過ごす。
  • 主人や友人にあれやこれやと話を聴いてもらう
  • 散歩をする
  • 好きな本を読んで現実逃避する
本気でイラっとしたこと(グチ)

訳の分からない理由を並べ立てて来る人がいて、その人に「なぜそのような態度を取るのか」と穏やかに質問したにもかかわらず、逆ギレし始め、何故かこちらが謝らなければならなくなった。

今後の目標(やりたいこと)
  • 今のまま暮らしていきたい。
  • 今の仕事を細く長く続けて行きたい。
  • 一年に一回、旅に出たい。(これは、単なる楽しみ)
今、頑張っていること
  • 企画を考えるために、とにかく本を読み続けていること。
  • 新しい人付き合いを始めて、視野を広げようと努力していること
最後に、自分についてまとめた一言をお願いします。

真面目なようで真面目でない。肩の力を抜いて生きていくのが私です。

にっしー(管理人)
にっしー(管理人)

じろ。さん!自己紹介ありがとうございました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
サイト運営の励みになります!
ABOUT ME
にっしー
にっしー
CACO管理人
住宅メーカー設計→建築士勉強中|学生時代にぼっちを経験。高校生の時から憂鬱な毎日を変えたくて様々なSNSやブログを運営してきました。
記事URLをコピーしました